募金趣意書
    150周年シンボル大阪府立北野高等学校 創立150周年記念事業 募金趣意書

    謹啓 皆様方には、ますますご健勝にてご活躍の事と存じます。日頃は母校の教育支援を根幹とする六稜同窓会の活動に、深いご理解を賜るとともに、格段のご協力・ご支援をいただき、誠にありがたく厚く御礼申し上げます。
     さて、われらが母校北野高等学校は2023年に創立150周年を迎えます。現役生徒諸君はこのコロナ禍にも屈することなく、忍耐強く学習やクラブ活動に取り組んでおります。平成の校舎改築からすでに20年以上が経過し、昭和校舎から継承した楠も白亜の新校舎に取り囲まれながら、しっかりと息を吹き返し、永久の時を刻み続けております。
     そんなキャンパスを見渡しましたところ、平成の改築に漏れたクラブ部室がいよいよ老朽化しており、耐震対策を含めた改築が不可欠な状況にあります。ついては150周年という節目にあたり、これを同窓会の事業として、単なる部室の建替えにとどまらず、生徒・教職員・同窓会会員、地域との交流が図れる新たなる拠点「六稜倶楽部」の建設を目指したいと存じます。また、130周年記念事業で建設しました六稜会館の設備(空調設備とホールのAudio/Visual機器)が経年劣化並びに近来のネット環境に対応しておらず更新が強く望まれていることから併せて整備を目指したいと存じます(これらは完成後、速やかに大阪府に寄附することとなっております。)さらに社会貢献事業として、100周年記念事業で遺した大阪城梅林に倣って、今回は「桜の森」を大阪の地に創設すべく検討を進めております。
     これらの基幹事業に、記念誌の発行・記念式典の開催を併せて、150周年の慶事を祝賀すべく総額3億円の募金活動を展開することと致しました。
     つきましては、是非この事業にご賛同賜り、その資金といたしまして皆さまからのご寄附を仰ぎたく謹んでお願いいたします。本記念事業が成功裡に行われ、母校のさらなる発展の礎となりますよう皆さまのご理解とご協力を心からお願い申し上げます。
    謹白


       令和3年3月1日
    大阪府立北野高等学校創立150周年記念事業募金委員会
     委員長 野村正朗(六稜同窓会会長 82期)
    副委員長 太田省三(六稜同窓会副会長、東京六稜会会長 77期)
    副委員長 桑原 豊(六稜同窓会常任理事 77期)
         募金委員一同


    pdf書類 PDF版 募金趣意書(1.7MB)